映画に舞台・小説や漫画のレビュー、甘いもの、ミーハー女子の怠惰な日々のあれやこれや。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
「ROOKIES」第9回を見てしまった(長文注意)。
2008-07-07 Mon 20:14
ROOKIES (ルーキーズ) 裏(うら)BOXルーキーズがあと2回で終わってしまうなんて信じられない(信じたくない)わ。
こんなに面白いのに!

ちなみに、次回・7/19(信じられないことに、なんとまたバレーボールで休止するんだよね。この編成のまずさ、呆れ果ててもう笑うしか…)は、まだ最終回じゃないですよ~。「最終章」なんて紛らわしい表現使ってますけど。
#最近この「最終章」って言葉が濫用されていて困らない?JAROに通報したい!

最終回は、7/26(土)19時からの2時間スペシャルですので、お間違えのないように。

今回はリアルタイムで見られたので、調子に乗って感想を書いていたら、めちゃめちゃ長くなってしまいました。だって見どころ多すぎるんだもん!(><;

ネタバレの感想は、以下から。皆様呆れずにお付き合いくださいませ。


◆目黒川高校との練習試合で初勝利を収め、波に乗る二子玉川学園高校野球部!
円陣を組み「ゴー、ニコガク、ゴー!」と気合を入れる姿もすっかりさまになり、練習試合の相手に一丸となってぶつかっていく。3試合の結果、2勝1分と、成績も上々。

しかーし、ニコガクナイン、ちょっと調子に乗りすぎなんじゃないですか?
そこが可愛いところでもあるんだけど。自分たちがたまたま川藤先生とめぐり合えて夢を見つけたからって、浮かれちゃって。そんなに恵まれていない人だっているのに。
そういう人たちからすれば、自分たちだけ楽しそうに毎日を送っているメンバーは、ムカつくとしか言いようがないわけで…
今回は、喧嘩が強いと評判の上坂や、新庄の中学時代の後輩・高波といった不良にからまれてしまうのです。

先週は試合で盛り上がったので、これでようやく野球の話になるのかと思ったけれど、まだまだ不良絡みのエピソードがあるんだなあ。個人的にはもっと野球のシーンが見たいんですけど。もう最終回まで時間もないことですし…

◆今週の「がんばれ御子柴キャプテン」

甲子園予選抽選会当日、キャプテンが提案したもの:神社への必勝祈願のお参りw

不良が集団で朝の神社にお参りに行くという、世界でも類を見ない貴重なショットですよ。御子柴GJ。
キャプテンがお賽銭として54円を取り出し、安仁屋が「こうしえん?」と聞いた時には噴きかけたが、誰も笑わない。ていうかみんなしていそいそと54円を探し出したのには参りましたw かわいいなw
 お賽銭 : 54円
 先生からもらった「必勝」のお守り : プライスレス
御子柴にも、宝物ができたね!(・∀・)

◇今回、特に、キャプテンの頑張りが凄かった。
抽選会で罵声を浴びせられても、じっと耐えて。しかも、それをみんなに言わずに。
グラウンドで絡んできた不良にも臆せず、「出てってくれよ!オレたちはもう昔の野球部じゃないんだよ。頼むから出てってくれよ!」と立ちふさがって。
教室でバット片手に殴りかかってきた上坂にタックルして、倒されても必死で足を掴んで止めて、皆が逃げられるように。
野球部を守るんだ!オレがキャプテンなんだから!という気迫を感じたよ。

◇それでも、先生の前ではつい弱音を吐いちゃう。だって泣き虫だから。
みんなが帰った後、部室で一人、思い悩んでいたキャプテン。様子を見に来た先生(先生にいつも気にかけてもらっていていいなあ!)に、ぽろりと
「オレたち、甲子園目指す資格あんのかな?」

もう暴力は振るわないと誓っても、一生懸命野球の練習をしても、周囲の目は依然として厳しい。
冷たい視線。心ない言葉。ズタズタにされたグローブ。

「ねぇ先生。いつになったらオレたち、あの事件から解放されるの?
いつになったら自由になれるの?
やっぱり目指しちゃいけなかったのかな。
ただみんなで野球やれるだけでよかったんだ。
欲張りすぎたんだよ、オレたち…」

悲鳴のようなつぶやきに、先生はただじっと耳を傾けてくれる。

「以前のお前たちなら、ただ野球ができるだけでも満足したかもしれない。
けれど、今は違う。
それで、笑って卒業できるのか?
精一杯やらずに諦められるのか?」

「でも、結局、」
「それでも諦めないヤツが、最後に勝つんだ!」

不安に押しつぶされそうな御子柴の涙を吹き飛ばすような、力強い言葉。
うわーーん、せんせえええぇ!!(TДT。
先生の胸に飛び込みてぇ!!

世間は厳しい。
不良に川藤先生みたいに温かく接してくれる人間なんて、ほんの一握りなんだよ。
でも、その中で生きていかなくちゃならないから。この試練を乗り越えなければ、本当に立ち直ったとは言えないから。
だから強くなるんだ、キャプテン!

先生との会話を部室の外で聞いていた安仁屋、そして他のメンバーが登場。
「オレたちは大丈夫だ」と微笑む安仁屋。あにやーーっ!(;Д;
安仁屋の胸に飛びk(ry

大丈夫だよ、キャプテン!みんな野球のために頑張ってるよ。
だからもう泣かないで。御子柴が泣くと、絶対もらい泣きしちゃうんだもん つД`)

◆今週の「安仁屋アニキかっこいーーー」

グラウンドをめちゃめちゃに荒らされ、不良に挑発された時、安仁屋がゴミを拾いながら、抽選会に行った御子柴のことを話し始めるシーン。
「緊張してんだろうな、あいつ」微笑む安仁屋に、皆の緊張もふっとゆるむ。一人また一人、静かに片づけを始める。(※若菜を除き)

安仁屋が微笑めばピンチを乗り越える勇気がわき、安仁屋が微笑めば荒れた気持ちも落ち着く。
恐るべし安仁屋スマイル…!

川藤先生の言葉、御子柴の涙、安仁屋のスマイル。
これぞニコガク野球部の三種の神器である。

◆今週の「やっぱり岡田が一番だぜ!&湯舟も負けてないぜ」

練習試合にて活躍する岡田くん。かっこいい走塁に、目がハートになっちゃうぜ。
凛々しい顔つきになりましたね(ー▽ー#
神社にて、神妙に目を閉じて手を合わせるシーンでは、整った顔だわーとしみじみ思ってしまいます。

夏服の白ポロシャツにハーフパンツ(?)がまぶしい!(>▽< なんておしゃれさんなの~。
湯舟君のライトグレーのベスト&前髪ヘアピンも、かなりきました。反則ですよなあれ。

不良に追われ、羽交い絞めにされる湯舟。岡田はバットで殴りかかられる?!
アクションシーンは嬉しいけど、喧嘩は心臓に悪いからやめてー。先生助けてー!
…でも、この二人が不良をぶちのめしたのに驚愕。意外と強い設定なのね。
きっと二人とも変身

◆今週の「でも暴力はいけませんよ皆さん」まとめ

◇ひとりで黙々と投球練習をする今岡。
「行けるとこまで行ってみたいんだよ、オレだって」
飄々としてつかみどころのない今岡だけど、彼もまた立派な高校球児になっていたのでした。

◇相変わらずマイペースな平っち
「おっちょこちょこちょいだなお前ー」いや、普通そんなみえみえの嘘にだまされないだろ。
しかし今岡にも泣けるシーンがあるなんて、もしかして平っちまで、涙のエピソードがあったりするのか?!(いや、ないとおもう)

◇関川ほどタンクトップの似合う男子はいない!(断言)

◇新庄さんの「ウチのやつらに手出すんじゃねぇ」に、後輩は何を思っただろうか。
新庄は仲間を見つけたんだよ。力で縛り付けなくても一緒にいられる仲間を!

若菜「ウチのショート殴った罰だ」
桧山「ウチのキャッチャー怪我させるわけにいかねぇんだよ」

この幼馴染☆狂犬コンビに当たった不良グループが一番かわいそうなんじゃないかと思った。メンチ切らせたら本気で怖いすもん((((;゜Д゜)))

◇ユニフォームを新調した先生の軽やかなスキップwww

◆前回、江夏との真剣勝負で「愛の反対は憎悪ではなく無関心である」(by マザー・テレサ)という言葉を思い出したんだけど、上坂を見ていたら、また同じ言葉が浮かんでしまったわ。ただし、今回は「無関心」のほうで。

上坂は野球部を自分の同類だと思っていたのに、彼らはとっくに先生の手を借りて泥沼から抜け出していて、誰も自分のことを見てくれない。
それどころか、野球部の視線の先には大きな夢があって、楽しそうで…
キラキラ輝いている野球部が羨ましくて、何もない自分が惨めで、でもそれを認めたくない。
「こうなったら、意地でも振り向かしてやるよ」なんて言ってしまうほど振り向いてほしいのに、暴力や嫌がらせといった幼稚な手段でしかアピールできない。この構ってちゃんが!
またしても、野球部の過去の亡霊を見ているようでした。いったいどんだけ亡霊がいるんだか。先生も大変ねw

上坂と川藤先生の戦いは、美しいアクションで、見事でした。
「俺が応援してやる!」と両手をばっと開く先生がかっこよかった。
手のひらを相手に向ける仕草は、自分をさらけ出し、相手を受け入れるというサイン。何より上坂が欲しがっていたものじゃないですか。

「何なんだよ、オメエは…」という台詞は、上坂の敗北宣言に聞こえた。
そして、「オメエの味方だよ!」とすかさず答えたのは、先生ではなく安仁屋。
川藤先生は、助けを求めてもがいている生徒を決して無視したりしない。それを誰よりよく分かっている安仁屋だからだよね。
上坂も、早く夢中になれることを見つけて、今度はちゃんとしたやり方で振り向いてもらうんだよー。

◆そして。
ついに来た、予選の第一試合。

新聞には、ニコガク野球部の起こした暴力事件を取り上げて出場を非難した記事が載ったが、ナインは動じない。堂々と、胸を張って、グラウンドに出て行く。
ブーイングが起きる一方、スタンドには、上坂と高波が。野球部を辞めていった3年生の姿も見える。

円陣を組むニコガクナイン。先生が晴れ晴れとした顔で皆に告げる。

「とうとうこの時が来た。
ここから甲子園まで、ノンストップで行くぞ!
ニコガク旋風を巻き起こせ!」
「行くぞ!」
「ゴー!ニコガク、ゴー!」


◆…この続きは再来週・7/19(土)放送予定です(´Д`;)
スポンサーサイト
別窓 | テレビ・映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<盆踊り参加記録(みたままつり) | Umbrae Diary別館 * ミーハーもったり生活 | 「ROOKIES」第8回を見てしまった(1週間遅れで)。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| Umbrae Diary別館 * ミーハーもったり生活 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。