映画に舞台・小説や漫画のレビュー、甘いもの、ミーハー女子の怠惰な日々のあれやこれや。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
ダマされちゃいました… 「アフタースクール」
2008-06-26 Thu 21:13
◆たいへん遅ればせながら、映画「アフタースクール」を見てきました。
主演の三人と、上映時間が100分ちょっと、それ以外の知識はほとんどない状態で。

……やられた~!
すっかりだまされました。
あまりにも上手にだましてくれたので、いっそすがすがしいほどですw

頭が「?」だらけになったストーリーがラストに向かってきゅーーっと収斂していくさまは、目の前でルービックキューブの達人がパタパタと色を合わせていくような快感が。
見終わった後、もう一度巻き戻して見たくなりますね。(映画だけど
面白かったですっ。

◆以下の感想も、まずはネタバレなしです。
最後にちょっとだけ、ネタバレありの感想を書きます。(その前に注意書きあります)

◆シナリオが丁寧で、きっちり作りこまれていました。と、「見終わってから」思いました。さりげないやり取りも、実は計算されていたのか。
どの登場人物も、個性的でありながらリアル。
くせもの揃いの役者さんの中でも、特に、主演の大泉洋さん・佐々木蔵之介さん・堺雅人さんが絶妙のバランスを保っていて見事でした。

大泉さん、今の日本で「巻き込まれる男」をやらせたらこの人にかなうものはいないんじゃないかしら。何度もだまされて「サイコロの旅」や「オーストラリア大陸縦断」に連れて行かれちゃうシーンを思い出しました(ご存知でしょうが「水曜どうでしょう」の企画です)。愛嬌があって親しみやすくて、近所のお兄ちゃんみたいで、でもこういう人っていそうでいないんだよねぇ。

佐々木さん、目が怖くって、この人だけは、どんな善人の役をやっていても信じちゃいけない気がする。(むかーし「Mの悲劇」というドラマを見ていたんですが、彼が出てくるたびにもう怖くて怖くて。わたしの書いた感想、見ます?ネタバレですけど。リンク切れもしてますけど)

そして、堺雅人さん!最高でした~。
この人って美形なのに、美形なのに「なんか惜しい」んですよね。そこがいい!
いつでも控えめで、ちょっと自信なさげで、デフォルト笑顔なのに寂しそうなところが気になってしょうがないです。ペーソスがあるっていうのかねぇこういうの。

あと、今夢中になっている「ROOKIES」に今岡忍役で出演している尾上寛之さんを見つけて、嬉しかったです。(彼の所属事務所、渋いわ~!)

◆ネタバレなしの感想は以上です。
以下、ネタバレありになりますので、未見の方はご注意ください。




※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

※※※ 注意! 以下、映画「アフタースクール」のネタバレです ※※※

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※



 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓




◆大した話じゃないんですが、ちょっとだけ、ネタバレ部分の感想です。


・いつもだまされキャラな「あの」大泉さんにだまされるって、すごく新鮮だ!!
・主演の三人が三人とも、大人になりきれてない、どこかダメな大人でしたw
子どもでもいればもっとしっかりしてるんだろうけど… まぁ、結婚してない今どきの三十代なんて、こんなもんよね。(と自嘲気味に
・考えてみれば、華やかな常盤さんがふつうの主婦で素朴な田畑さんが夜の女な設定って時点で、もう違和感バリバリだったのに。裏があるって気付けよわたしー。
・堺さんの空回り感がたまらない。
ラストのエレベーターのシーン、かわいいよ堺さんかわいいよ。女性客はみんな、よしよしと頭を撫でてやりたくなったんじゃないでしょうか。
・子どもが元気に育つといいなあ。
スポンサーサイト
別窓 | テレビ・映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<「ROOKIES」第8回を見てしまった(1週間遅れで)。 | Umbrae Diary別館 * ミーハーもったり生活 | 郡上踊り in 青山>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| Umbrae Diary別館 * ミーハーもったり生活 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。