映画に舞台・小説や漫画のレビュー、甘いもの、ミーハー女子の怠惰な日々のあれやこれや。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
「ROOKIES」第7回を見てしまった
2008-06-16 Mon 23:14
ROOKIES (ルーキーズ) 裏(うら)BOXROOKIES」ちゃんと録画できてました!
よかった~。
こんないい回見逃したら、一生悔やむところだった。

◆第七話は、嬉しくて、胸がいっぱいになってしまった。
夢を持つと、人間ってこんなに変わるんだ。
先生が「小人閑居して不善を為す」と言った意味が、今はよく分かる。
大きな夢があって、それに向かって努力していたら、時間がいくらあったって足りないんだよね!それこそ、授業聞く暇もないぐらいw

汗を流してひとつのことに打ち込んでいる若者の姿は、見ていて気持ちがいい。
みんなの目がキラキラしていて、いいなあ、羨ましいなあって思ってしまったよ。
#演じている役者さんたちも、今まさにそうなんだろうな。
#全力で打ち込めることがあるって、しあわせだね…


◆桧山のピンチに駆けつける先生。なんて頼もしいの…!(T^T
先生が、抵抗しないでじっと耐えた桧山を見て、喧嘩せずに我慢していたメンバーをぐるっと見渡すシーン、なぜか泣きそうになってしまった。みんなよく頑張ったな、って先生が褒めてくれてるみたいな気がして。

江夏って、不良だけど頭いいのね。野球部活動停止の原因を作っておきながら一人だけちゃっかり転校したところも、ニコガクメンバーと違って、計算高くて一筋縄じゃいかないタイプか。

◆新校長と対立する川籐先生。大丈夫かしらと不安になったところで、教頭の励ますような笑顔にくらっと来たわ。教頭素敵…!
お手製のマニュアルを作ってくれて、理論的なコーチまでしてくれて、教頭の株上がりすぎてストップ高。

◆関川君、服を脱いだら、さすがのマッチョぶり。引き締まっててカッコいい!
ていうか、お、岡田君も脱いでくれないかな(´Д`;ハァハァハァ

◆安仁屋が机を蹴倒して出て行ったシーン、一瞬、棘だらけだった昔に戻ってしまったようでヒヤリとしたけれど… 屋上にみんなが来た時にもう声色が違っていて(メンバーが乱闘事件を悔やんでいるのを分かっていて、自分に謝りに来てくれたのも分かっていて、江夏のことで苛立って悪かったなーとちょっと反省していて?という諸々が伝わってきて)。
安仁屋の心に余裕が出てきたのが嬉しかった、です。

◆先生、授業はどうしたの…?

◆川藤先生って、国語の教師だけあって、本当に説得がうまい。
よっ、乗せ上手!(>▽<
でも、説得に生徒が心動かされるのも、それが口先だけじゃないから。先生の「とことん付き合う覚悟」が見えるからこそ、なんだよねぇ。

◆教頭先生お手製のマニュアルを見ながら、バッティング練習をする4人。
が可愛くて、何回もリピートしてみました。
岡田君さすがに動きが綺麗!ダンスしてるみたい。
#そういえば、Hiphop好きっていう設定は生かされないのかなあ…
#久々に健くんのダンス見たいよー。全国の皆さんにも見せてあげてよ~~

◆新庄って倒置法好きだよね。

「先生が凄いんじゃなくて、」ってw 御子柴君言うようになったなあw

◆目黒川高校との試合が決まって、一致団結ガンバロー!という展開になると思いきや、強いチームと聞いてとたんに腰の引けたメンバーが二人。
岡田君と湯舟君…

なるほど。
いち早く川藤先生に心動かされ、野球部復活の原動力になった御子柴君、関川君。
持ち前の闘争心に火がついて燃えている若菜君、桧山君。
野球部への思い入れが強くて、人一倍先生にぶつかりまくった安仁屋君、新庄君。
何か超越しちゃってる今岡君、平っち。
…に比べると、確かにこの二人のモチベーションは低いかもしれない。他のメンバーとの温度差が出るのも当然です。

漠然と不安を感じている湯舟君に対し、岡田君は、中学時代にヒーローだった河埜君がメンバーにいるのが怖いみたい。

◆「なら、お前は江夏に勝てんのかよ?」
「安仁屋に勝てねぇのにオレたちにできるわけねぇだろーが!」

普段冷静なはずの岡田君が(あぁそれ言っちゃう?)的なストレートな疑問をぶつけると、有無を言わさず安仁屋パンチが炸裂。
ちょ、机ぶつかってる机!痛い痛い。岡田君の綺麗なお顔がぁぁ(><。
#安仁屋君、他校の人間には我慢するのに、部内なら暴力アリなのかよ。
少しはためらえww

以前の安仁屋君なら、ブチ切れただけで終わっていたはず。
でも、今は、夢をためらわずに口に出せるし、自分の気持ちを他人に伝えようと努力できるから(鉄拳制裁のクセは抜けないけど)、

「オレ一人でやってるんじゃねぇんだよ」
「オメエらがいるから勝てんじゃねぇのかよ」
「オレたち、やっとここまで這い上がってこれたんだぞ。なあ?」
「オメエらと一緒に甲子園行きてぇんだよ!」

岡田君も湯舟君も含めたこの仲間たちと一緒に頑張りたいんだ!という気持ちを素直にぶつけるのよね。
成長したなあ…!(;ー;

…とは言え、他のメンバーほど単純でないw二人。そう簡単に「オッケー!やるぜー!」とはならないようで。
さあ、どうやってやる気を出させるのかしら?

◆野球部の練習はサボリ。
今日もテンション低いまま帰ろうとする二人が、ふと見つけたもの。それは、きれいに洗濯されて干された野球部のユニフォーム☆驚きの白さ。
川藤先生が、頑張っているみんなのために、と手ずから洗ってくれたのです。
#洗濯機ぐらいねぇのかよ、とか無粋なことを言わない。
#たとえあったとしても心を込めて手で洗うんですよ、先生は!

目黒川高校の監督(好々爺w)と川藤先生が話している、のをこっそり見ている岡田君&湯舟君、のをこっそり見ている野球部メンバーの図。
かなり距離あるのにメンバーまで話の内容が聞こえるとは、さすが川藤先生声でけー!
全員が聞いているとも知らずに、メンバーについて嬉しそうに語る先生。愛だなあ!

先生は自分のことどう思ってるんだろう。どんな風に紹介してくれるんだろう。ていうかそもそも紹介できるほど自分のことを見てくれているんだろうか?
生徒達のどきどき、わくわくがこちらまで伝染しそう。

そして、期待を裏切らない先生。みんなの性格や良いところを、愛しそうに、自慢するように紹介してくれた。やっぱり見てくれてるんだ… これは嬉しいよね。

特に、新庄の表情が良かった。先生の言葉を聞きながら、ふっと目が泳ぐとこ。ほめられて嬉しいけど、ちょっと前まで反抗してたのにそんなに急に喜べないし、恥ずかしくて。
こんな時、どんな顔をすればいいか分からないの。笑えばいいと思うよ。みたいな?!

&もう一人、期待を決して裏切らない男、平っちwwww

先生が心の底から応援してくれていているのが分かって、どこか肩の力が抜けた岡田君と湯舟君。顔を見合わせて野球部に戻りかけて、後ろにメンバーを発見した時。
の、照れくさそうな顔!可愛い~~v
チャレンジする意欲を取り戻した二人。先生の名将っぷりは止まりません!

岡田君がキャッチボールをするフォームが綺麗でした(ー▽ー# さすが野球経験者~!

◆練習試合が目前に迫り、川藤先生がメンバーに「どう戦う?」と尋ねる。
みんな、なんて凛々しい顔!(T^T
新庄の「負ける気がしねぇ」は、個人的に木更津のぶっさん思い出してしまったけどw

◆目黒川高校の正門前。震えている御子柴君。
怖がっているのかと思いきや、「憧れていた選手達と戦えるのが嬉しい」って。これは武者震いなんだ、ってあなた… 強くなったねえ…!
真面目で努力家の御子柴君が、一歩一歩着実に成長している。なんてまぶしいんだろう(T^T

◆プレイボール!
デッドボールを受けても怒らず、ひるまず、冷静に状況を見て盗塁を決める関川君。不敵な笑み。(関川君は表情豊かで、本当にあの漫画に出てきそうだなっていつも思う)
御子柴君の送りバント。ここでも、地道な努力が実っている!

江夏と安仁屋君の初対決は、惜しくも三球三振。
エースなのにまるで歯が立たず、これでチームの意気が下がるかと思ったら…
「凄い攻撃だったな!」と満面の笑みを浮かべる先生に、「当然だ!」とすんごい笑顔で答える安仁屋君。

安仁屋は確かにチームのエースだけど、彼一人で戦ってるわけじゃない。
強い信頼で結ばれた仲間がいて、自分たちを心から応援してくれる先生がいて、みんなが支えてくれる。それはなんて心強いことだろう。
絶対勝ってやるっていう決意は、江夏にちょっと揺さぶられたぐらいで崩れはしない。努力は必ず実るんだから!

◆最後のキャッチボールシーン、岡田君が、舌をぺろって。あああ可愛い(><。

◆そして、試合はどうなるのか?
初勝利をもぎ取り、過去の亡霊と決別できるのか?!来週のROOKIESも目が離せまs

…って、ええ?!
次の放送は再来週ですってえ?!!


なんかもう、呆れちゃう。
スタッフと役者がせっかくいいドラマ作ってるのに、勝手にリズム壊されちゃたまったもんじゃないよね。TBS、いい加減にしてよっ!ヽ(`Д´#)ノ
スポンサーサイト
別窓 | テレビ・映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<山王日枝神社にて、盆踊り開幕! | Umbrae Diary別館 * ミーハーもったり生活 | 父の長き不在>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| Umbrae Diary別館 * ミーハーもったり生活 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。