映画に舞台・小説や漫画のレビュー、甘いもの、ミーハー女子の怠惰な日々のあれやこれや。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
まだまだクライマックスだぜ、「クライマックス刑事」!
2008-04-24 Thu 22:18
劇場版 仮面ライダー電王&キバ クライマックス刑事 コレクターズパック+電キバ祭り◆祝「劇場版 仮面ライダー電王&キバ クライマックス刑事」公開!

先週、ようやく観て来ましたよー。
二度目の映画も、いかにも電王らしい、ファンサービスてんこ盛りのはちゃめちゃで楽しい作品になりました。

劇場版「仮面ライダー電王&キバ クライマックス刑事」


◆これ以上ないぐらい美しいラストを迎えた本編。
それがまた映画になるなんて、いったいどうつなげるんだろう?
と思いきや、デンライナーが「デンライナー署」となり、良太郎やタロスたちがなぜか刑事として悪者を追うという、本編とはまったく関係ない設定じゃありませんか。

しかも、どうして刑事なのかという説明もまったく無いという不親切さなのに、いざ始まってスクリーンに懐かしいメンバーが登場すれば、そんなことどーでもいーじゃん!いーじゃん!ポリスメン!と思えてしまうのが凄い。
多少の無理もキャラクターの魅力でカバーしてしまえるところは、さすが電王と言わざるを得ません。

映画を観ながら、「この展開はちょっとどうなの」と思いかけ、「あ、これって子供向けなんだっけ」と思い出すこと数回。だって夜8時からの回に行ったから、大きいお友達しか周りにいなかったんだもん。

キバの存在感が少々薄くて気の毒ではありました。
例年ならこの時期はもう新ライダー一色のはずなのに、電王がこれだけ人気あると、東映やスポンサー的には複雑な気持ちなのかな~と思ったり…

以下、映画のネタバレでーす。

・「モモタロスのキバっていくぜ」のウラヨン様でいきなり腹筋よじれた。ウラきめええええ
・渡役の瀬戸くん、とっても可愛いですよね。あんなにキュートなのに背が高くてスタイルいいなんてずるい
・デネブのボルサリーノ&マフラー、笑い殺す気か!
・答え聞こうよ。
・一般人代表の鈴木刑事に共感すること多数。モモやキンちゃんを至近距離で見たら、普通怖いよな
・雑誌のインタビューで見たのだが、デンライナー署のシーン、机を学校の教室のように並べて、出来の悪い生徒から前の方に座らせてみたというのを読んで噴いた。最前列、モモとリュウタ…超問題児w(2列目がキンちゃんとウラ、最後列がコハナちゃんと良太郎)
・MEN'S URAを定期購読したいんですが、どこに申し込めばいいですか
・愛理お姉ちゃんのデンライナー署訪問、もろ授業参観のおかあさんスーツだよ…
鉢合わせにびっくりして物陰に隠れるリュウタに泣きそうになり、優しい笑顔でお弁当を差し出す愛理さんにほんとに泣いた。よかったね、よかったねぇ、リュウタ…
ファンシーなお弁当を大喜びで食べて(見せびらかして?)、大きな声で「ごちそうさまでしたー」と言ったリュウタが可愛くてもう。
・外人女性の片言の「ユート…」、笑い殺す気か!
・U侑斗が出てる間ずっと、ねーわ、これはねーわwwwと思っていました。優一君ちょっとふっくらしたね。
・金ちゃんが下ネタなんてえぇ
・良太郎と侑斗、ふたり並んでの変身は燃えるねー。ダブル変身はロマンだよ!
・アクションシーンで不満だったのは、ネガタロスとの戦闘中、形勢不利になったモモが静かだったこと。モモは自分が強い時だけ楽しいんじゃなくて、いつでも戦いそのものを楽しんでいるんだよね?負けていたってお構いなしに「行くぜ行くぜ行くぜ」って強気でいてほしかったです。
・それにしても、全員負けっぱなしで、ここから一体どうやって形勢逆転するのか?と疑問でいっぱいだったところにキバが登場して、「…あ、キバ、いたっけ。」と思い出すほどの空気っぷり。も、もうちょっと活躍させたほうがよかったのではないかと…
・D侑斗のガニマタ走り、笑い殺す気か!
・エンドロールの「Double-Action Climax form」でうるっと来た。やっぱりかっこいい!
スポンサーサイト
別窓 | テレビ・映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<「ROOKIES」第3回を見てしまった | Umbrae Diary別館 * ミーハーもったり生活 |
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| Umbrae Diary別館 * ミーハーもったり生活 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。